ホーム > 文化 > 最終的に

最終的に

任意整理というのは負債整理というふうにも呼んでいて、おのおののお金の貸し手への返金を行うことを選ぶ債務を整理する選択肢になります。

 

具体的な手続きですが司法書士の資格者または弁護士の有資格者貸方と借り手との中に立って示談をして、利息制限法に従って適切な利息計算をしてから再度計算した借り入れた元金にかかってくる金利を減額することによって3年ほどの期日で返済していく借金の整理の方法です。

 

任意での整理はいわゆる裁判所などをはじめ機関が手出しすることがないためこれ以外の処理と比べた場合でも、手続きを取ったときにおける不利益が最も少なく過程自体も債務者にそんなに重荷になることがないのでここから比較検討する必要があるルートになります。

 

また、債権を有する者がヤミ金業者といった高額な金利の場合には法で決まっている利息以上に払った借入金利分にあたっては借入金の元金に適用するとして借入金の元金自体を減らしてしまうことも不可能ではありません。

 

ですので、サラリーマン金融に類する高い利子を取るところに対し長期間返してきた例ではけっこうな額を減らせるようなこともありますし、10年以上返している例では借金自体がなくなる場合もあります。

 

任意の整理の有利な点を挙げると破産申告とは違ってある部分のみの借金だけを整理していくことになるので、保証人がいる借金以外だけを手続きをしていく場合やクルマのローン以外だけを整理していく際等でも活用することが可能ですし、築き上げてきた財産を処分してしまうことは求められませんので、貴金属や土地などの財産を持っているけれど手放したくない場合でも有用な借金整理の手順です。

 

ただ、手順を踏んだ後返済する額と実現可能な給与等の収入を検討し適切に返済の目処が立てられるようならばこの手続きを取ることは問題ありませんが、自己破産のように返済義務自体がクリアーになるということではありませんので、負債の金額が多い状況では、実際問題として任意整理の手続きを進めることは困難になると考えるのが無難でしょう。

 


関連記事

  1. 最終的に

    任意整理というのは負債整理というふうにも呼んでいて、おのおののお金の貸し手への返...

  2. テスト

    テスト記事です。...